マイクロバブルバスとは?設置するには

水素風呂

毛穴より小さい大きさの泡が出るマイクロバブルバス 。

毛穴の汚れを落としてくれるので、基本的にはボディソープがいらないのだとか。

アトピー肌やニキビ肌が改善されたりと素敵な口コミが多く、とっても気になるので設置方法をまとめてみます。

リフォーム工事により設置(ビルトイン)

本体価格相場 30万円前後
工事 必要

工事期間は1日

基準を満たしているユニットバスの場合は業者の方が簡単に取り付けられるそう。

メリット

  • ビルトインの場合は工事により内臓しているので、機器を置くスペースが必要ない
  • 買い切りでレンタルではないので1回払ってしまえばコストはかからない

デメリット

  • 賃貸の場合は取り付け不可
  • 条件を満たさないユニットバスの場合はユニットバスごと取り換えが必要な為大掛かりになる(時間や費用面)
  • 工事は1日でも事前調査等が必要な為、打ち合わせの時間が必要。

シャワーヘッドを付け替える

シャワーヘッドを付け替えるだけでマイクロバブルバスが完全するお手軽商品があります。

本体価格相場 数千円-4万円
工事 不要

 

マイクロバブルバスに入って、更にマイクロバブルで体を洗いたい人、

普段シャワーのみで湯船は浸からないけどマイクロバブルの効果を感じたい人向け

 

メリット

  • 賃貸で工事が難しい方でもシャワーヘッドを付け替えるだけなので自宅で簡単にマイクロバブルを体感できる。
  • 普段湯船は浸からないけど、マイクロバブルの効果を感じたい人
  • 水圧を利用しているので電気代がかからない
  • 気泡を含みシャワーを出すため、節水効果がある

デメリット

  • シャワーヘッドだけなので、湯船にお湯を張るには時間がかかる
  • 商品によっては浴槽に溜めても白濁しないものも…
  • 湯船に入っている間もずっとシャワーからお湯を出してないといけないので水道代がかかる。

蛇口取り付け型

ネットで蛇口に取り付けるだけでOKなマイクロバブルバス が販売されています。

メリット

  • 蛇口にはめるだけなので設置が簡単
  • 価格も安く取り入れやすい
  • 電気を使用しないので電気代がかからない!
  • こちらも節水効果がある!

デメリット

  • 水圧が必要(人によっては白濁する感じが分からない様です)
  • マイクロバブルバス の泡が消えたらまたお湯を出さないといけないので、泡を追加したいひとは水道代が少しかかるかも。
  • 自動でお湯を溜められないので手動で湯はり
  • 追い焚きも難しい
  • 蛇口の型によるので確認が必要
  • バルブの調整にコツがいる
created by Rinker
森鉄工
¥7,773 (2019/12/08 00:40:09時点 Amazon調べ-詳細)

据え置き型

購入とレンタルがあります。

購入価格相場 30万円前後
レンタル価格相場 月1万円
工事 不要

メリット

  • 工事が難しい賃貸の方、ビルトインが難しいタイプのユニットバスの方でも付けられる
  • 届いたその日から電源に繋げるだけでマイクロバブルバスを楽しめる
  • レンタルの場合はちょっとだけお試しが気軽にできるためお試しにも向いています

デメリット

  • 多少場所を取るので狭めのユニットバスの方は置くと圧迫感があるかも。
  • 電気が必要なので、お風呂の近くに電源コンセントがないと延長コードが必要

購入の定番品

マイクロバブルトルネード

ビルトインも作っている会社で据え置きタイプも販売しています。

価格は約30万円。

メディアに取り上げられたりとマイクロバブルバスといえば

こちらの「マイクロバブルトルネード」のようです!

少し前からある様で、ネットの口コミも見られます。

ネットの口コミも良く、様々な良い効果の口コミがあがっています。

レンタルの商品

湯エステ(水素ごっくっくBath)

水素水サーバーや業務用マイクロバブルバスを製造している株式会社翔栄ウエルネスさんが家庭用のマイクロバブルバスと水素を同時に取り入れられる据え置き型の機械のレンタルをしています。

  • 契約期間の縛りはなし
  • ボタン1つで湯船のお湯を電気分解して水素を含んだマイクロバブルを放出

レンタル費用は月10,800円と一見高いようにも見えますが、

これひとつでマイクロバブルで毛穴の中の微細な汚れを落としてくれて、水素の抗酸化作用の恩恵をうけられるので毎日入るとニキビができにくくなる人もいるのだとか!



最後に

マイクロバブルは色々な方法で出すことができますが、その人の住居や予算、使用用途により合っているものが変わってくるので、是非ご自宅にあったマイクロバブルを楽しんでみて下さい

 

 

 

コメント